ホーム > LED関連アクセサリ > ライトパイプ

ライトパイプ

SMD LEDの光を基板からパネル上まで運んで発光させる製品です。
LED用にディスクリート基板を設ける必要が無く、省スペース化やデザインの自由度を高めます。

LEDの光を90°に反射させて発光させるタイプ、多段タイプ、フロントマウント、リアマウントなど色々な形状とサイズがあります。

材質はポリカーボネート製なので、ESD対策にもなります。
全6件中 1〜6件表示
  • 表面実装LED用90°ライトパイプ

    面実装LEDの光を基板から90°の位置に表示します。
    球面レンズ、丸型平面レンズ、角型レンズ、2段タイプ、ハウジングに収納された4段タイプなど、豊富なラインナップ。

  • 表面実装LED用90°高さ選択ライトパイプ

    面実装LEDの光を基板から90°の位置に表示します。
    基板から発光面の高さ、基板とパネルとの突出し長さを選択可能です。

  • カバー付き90°ライトパイプ

    3つの高さ、パネル距離から選択できるライトアングル型ライトパイプ。
    横に1から4連タイプまであり、カバーが付いているので隣接したライトパイプの光が影響することがありません。

    レンズ径:φ2.8mm

    材質:
    ライトパイプ:ポリカーボネート(94V-0)
    カバー部:白色ABS(94V-0)

  • 垂直型ライトパイプ

    基板上の面実装LEDから垂直に離れたパネル面に光を届けます。パネルからLEDの搭載された基板との距離が取れます。

    8種類の長さから選択可能。
    レンズ形状は丸型(球面・フラット)レンズ、長方形(球面・フラット)レンズがお選びいただきます。

  • パネル差込型ライトパイプ

    パネルの裏側からと表側から圧入する2タイプあります。取付けは簡単で確実に光をパネル面に届けます。

    色付タイプも供給可能。
    特に記載のない限り標準品は透明タイプです。

  • フレキシブルライトパイプ

    基板からパネル面が遠い場合や筐体内が入組んでいる時などにプラスティックファイバーで光をパネル面に伝えることが出来ます。

このページのTOPへ

copyright  Tokiwa & Co., Inc. All rights reserved..